STマイクロエレクトロニクスは、32bitマイクロコントローラ(マイコン)STM32向けのすべてのSTM32Cubeソフトウェア・パッケージに、無償のLL API(Low-Layer Application Programming Interface)ソフトウェアを導入したことを発表した。

今回のLL API導入により、STM32Cube環境ではST実証済みソフトウェアを活用し、自身のコードをレジスタ・レベルまで最適化でき、エンジニアは製品開発期間の短縮が可能となる。

また、すべてのSTM32CubeパッケージでLL APIとハードウェア抽象化レイヤ(HAL)を組み合わせて使用することが可能で、ペリフェラルの制御が柔軟に行える。エンジニアは、HALの従来の使いやすさや移植性に加え、LL APIの性能を組み合わせることで、コード・サイズ、消費電力、およびパフォーマンスの最適化が可能となる。

LL APIには、STM32用ソフトウェアSTM32 Standard Peripheral Libraries(SPL)と同様にペリフェラル初期化ライブラリなどの機能があり、従来のSPLからSTM32Cube開発エコシステムへの移行を簡略化できる。LL APIを使用することで、その性能は「STM32Snippets」に相当するということだ。

また、LL APIはSTM32CubeMXの自動アップデート機能で常に最新版に更新され、また、STM32CubeMXツールが、STM32L0、STM32F0、STM32L4およびSTM32F3用LL APIのペリフェラル初期化コードを自動生成する。

なお、その他のSTM32マイコンについても、今後数ヶ月以内にサポートされる予定だとしている。説明書に加え、SPLからLLへのコード移植用自動化ツールも入手可能だという。