NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は7月24日、同月から日本のMVNOとして初となるeSIM(embedded SIMの略。遠隔で通信プロファイルを書換えすることができるSIM)の実証実験を開始したと発表した。同社では、実証実験を通じて得られた知見を活用し、今後、顧客のグローバルなビジネス展開を支える利便性の高いモバイルサービスの開発・検討を進めていくという。

現在、一般的に使われているSIMカードは、あらかじめ通信プロファイルが設定されており、出荷後に内容を書き換えることはできないが、eSIMはSIMカードを挿し替えることなく、遠隔から最適な通信プロファイルを設定できるという。

そのため、海外において現地通信事業者の安価な回線を利用することにより通信コストの最適化や、製品にあらかじめeSIMを組み込むことで出荷する国・地域・用途によらず製品仕様を共通にすることができ、在庫管理を効率化が可能となっている。また、海外においてローミングが禁止されている場合でも現地通信事業者と契約して通信することができるといったメリットを有する。

eSIMに関しては現在、国際的な業界団体GSMA(Global System for Mobile Communications Association)にて「M2Mモデル」「コンシューマーモデル」の2つのモデルの標準化が進められており、同社は、これらのモデルが実用化段階にあることを踏まえ、実証実験を開始する。

実証実験は、同社が香港で提供しているモバイル通信基盤をベースに遠隔SIMプロビジョニングが可能な環境を構築し、同環境の下で日本と香港にあるeSIMを挿入した端末を用いて実験を行う。同環境は、GSMAに準拠したM2Mモデルとコンシューマーモデルの両モデルに対応しており、日本、香港をはじめ米国など約40カ国・地域で通信が可能だという。

M2Mモデルの実証実験は、あらかじめeSIMを組み込んだデバイスに対し、SIMを管理するサブスクリプションマネージャーから通信プロファイルの書き換えを指示する。無線通信を使い、遠隔で通信プロファイルをダウンロードさせるほか、通信プロファイルの切り替え、無効化、有効化、削除といったオペレーションを行う。

例えば、グローバルで利用するIoT機器にeSIMを組み込み、海外に出荷した後に遠隔で通信を有効化し、さらに運用中に通信プロファイルを切り替えることなどを想定しており、ビジネスプロセスが問題なく実施できるかどうかの確認を行う。

コンシューマーモデルの実証実験は、eSIMを組み込んだデバイスから通信キャリア・プランを選択し、通信プロファイルをダウンロードし通信を有効化するオペレーションを検証。

例えば、スマートウォッチやモバイルパソコンなどのデバイスにeSIMを組み込み、エンドユーザーが任意のタイミングで通信キャリアと契約して利用開始することを想定したプロセスの確認を行う。

SIMへの埋め込み技術の実証実験では、eSIMと組み合わせることができる埋め込み技術(例えばSIMを挿すだけでセキュアな通信を実現する技術)を有するパートナーとの共同実験も実施していく。なお、GSMAの規格に準拠したeSIMの実証実験は、日本のMVNOとして初の試みだという。