Marvell Semiconductorは、自動車向けイーサネット関連製品として、高いセキュリティを提供するギガビットイーサネットスイッチ「88Q5050」を発表した。

完全自動運転の実現に向けて、各種センサとECU間の通信や、クラウドと自動車との通信などにおけるIPネットワークの活用が期待されている。ECUがさまざまなデータのやり取りと行う際に、スイッチ機能は今後、これまで不可欠なものとなってくるが、そこで求められるのが高速かつセキュアな通信の実現であり、同製品はそうしたニーズに対応することを目的に開発されたものとなる。

最大の特徴はハードウェアのDPI(ディープパケットインスペクション)エンジンを搭載したこと。通常のIT機器で用いられてるDPIはIDヘッダ部の48バイトを解析するが、同製品ではこれを96バイトまで拡張したほか、ビット単位のフィルタリングを可能にするなど、セキュリティ性を高めたとする。

また、ハッキングされないセキュアなブート領域を確保する「トラステッドブートテクノロジ」も採用。OEMが認証したドライバのみの起動といった動作を可能としている。

さらに、低消費電力も特徴としており、イーサネットPHY単体の消費電力は業界最小レベルと同社では説明しているほか、8ポートスイッチとしてみても低消費電力であるとする。加えて、起動時間についても、「一般的な車載ECUの起動時間は500ms〜1s程度だが、同製品はそれよりも早い時間での起動を実現した」(同社)としている。

なお、同製品はCPUコアとしてARM Cortex-M7(最大250MHz)を採用。Tightly Coupled Memories(TCM)、つまりSRAMを実装することで、外部メモリに寄らない高速なDPI処理を実現したとしている。また、このほかにもAVB/TSNやIEEE 100BASE-T1/IEEE 100BASE-TX/MII/RMII/RGMII/GMII/SGMIIといった各種インタフェースを選択可能なポートも用意。ニーズに応じて使い分けることが可能だとしている。