KDDI総合研究所は、Vuzix製の次世代スマートグラス「M300」に対応する遠隔作業支援用のソフトウェアを開発し、「VistaFinder Mx」のオプション機能として、8月1日より提供を開始することを発表した。

VistaFinder Mxは、スマートフォンやタブレット、モバイルPC、スマートグラスなどで撮影した現場の映像を、ネットワーク回線を使って安全かつ高品質に生中継を行える遠隔作業支援システム。ウエアラブル端末によるハンズフリー伝送やARによる直感的な作業指示など多彩な機能を搭載している。

一方、Vuzixのスマートグラス「M300」は、防滴・防塵、バッテリのホットスワップに対応し、旧モデルの「M100」から人間工学に基づいて見やすさとかけ心地が改善された、より現場作業に適したモデルとなっている。