JBCCホールディングスの事業会社でJBグループのマネジメントサービス事業を担うJBサービスと、日本RA(NRA)は7月25日、JBグループが「OPTi Secure」で提供するセキュリティ運用サービスに、NRA-PKIクライアント証明書を組み込み、働き方改革に適したソリューション「OPTi Secure:どこでもつなゲート」を提供していくことで合意した。

今回、セキュリティ運用サービスを全国で展開するJBサービスと、認証セキュリティに特化したNRAが協業し、外部からの攻撃や内部からの情報流出を阻止するファイアウォールに、認証機能を強化したセキュリティ運用サービスとしてOPTi Secure:どこでもつなゲートを提供することとなった。

同製品は、バラクーダネットワークスの次世代ファイアウォール「Barracuda NextGen Firewall」「Barracuda Web Application Firewall」を活用した月額型の運用サービス。NRAがSaaS型で提供するNRA-KPIクライアント証明書(電子証明書)を組み込み、機器のレンタルから、認証機能(証明書)、日々の運用・保守までをセットにした安全なインフラ環境を提供するという。

NRA-PKIクライアント証明書は、アクセスを許可したユーザーの端末にネットワークを通じて配布・インストールされるため、利用者は紛失のリスクや煩わしいID・パスワードの入力・管理の必要がない。ネットワークの入口・出口対策に加え、自宅や外出先からの認証を強化し、ITを活用した企業の多様な働き方の実現を支援するとしている。NRAは、JBサービスに対して認証対策に関するノウハウの提供および技術支援を行う。

両社は、イベントやセミナーなどのプロモーション活動を共同で行うほか、具体的な提案といったセリング活動も協力して行い、初年度に200社への導入を目指す。