NECネッツエスアイは7月26日、米Savioke(サビオーク)のデリバリーロボット「Relay」の日本国内でのサービス「デリバリーロボット『Relay』活用サービス」の提供を、同日から開始すると発表した。

「デリバリーロボット『Relay』活用サービス」は、「Relay」導入に必要なインフラ構築からロボットのレンタル・運用・メンテナンスまでワンストップで提供する。

なお、このサービスは、品川プリンスホテル Nタワーで利用することになり、NECネッツエスアイは、構内通信機器や自動ドア、エレベーターと「Relay」が連携するための事前施工などのインフラ構築から運用・メンテナンスまでを担当するという。

「Relay」は、米国のホテルを中心に各部屋への軽食や飲み物、アメニティの配送業務に導入が広がっているという。

ホテルでの利用としては、商品を「Relay」に入れて部屋番号を指定すると、エレベータを制御して客室まで自動搬送。「Relay」から客室に内線をかけて顧客に連絡。顧客がドアを開けると「Relay」の蓋がオープン。商品を取り終えると、自ら充電スポートに帰還する。

NECネッツエスアイは、今後、ホテルをはじめオフィスビルやマンション、倉庫や介護施設などへ「Relay」活用サービスの提案を進め、2020年までに250台の導入、及び売上累計20億円を目指すという。