デンソーは7月26日、障害物検知や白線認識などを検知する製品として、ステレオ画像センサおよびミリ波レーダーを開発したと発表した。

ステレオ画像センサは、デンスステレオマッチング技術と呼ばれる3Dによる画像処理技術を用いることで、歩行者や車両といった、形状が異なるさまざまな障害物の検出に加えて、車両が走行可能な路面(フリースペース)の検出が可能なり、緊急時の自動ブレーキに加えて、操舵制御による障害物回避ができるとする。

またミリ波レーダーは、照射される電波の照射回数を増やすことで検知感度を向上させ、車両前方を横切る歩行者の検知性能が向上したとしている。さらに、レーダーの照射角度を拡大することで、これまで必要とされていた照射角度調整のためのメカ機構をなくし、従来品に比べ、体積を約6割小型化し搭載性を向上させたとしている。

両製品は、2017年秋以降に発売されるレクサスの新型「LS」に搭載される予定だという。