ソフトバンク・テクノロジー(SBT)と子会社のサイバートラスト(CTJ)、ミラクル・リナックス(ML)の3社は7月26日、IoT機器のセキュリティ強化を実現する「IoT機器の統合管理基盤」の提供を目的とした基本合意書をRambusと締結したと発表した。

IoT機器がサイバー攻撃の標的になり被害を受けるという事態が世界中で起こるようになってきているが、一方でIoT機器の増大は今後も続くため、機器のセキュリティ性を担保することが重要になってきている。

今回の提携は、こうした課題に向けて、各社が保有する「クラウド開発・運用」、「OSやソフト更新の仕組み」、「電子認証」、「IoT機器管理」の技術を組み合わせることで、IoT機器メーカーに対して、IoT機器のライフサイクル全体の安全性を実現するプラットフォームの提供を目指すものとなる。

なお同プラットフォームは、ICチップの製造段階から電子認証情報をセキュアに格納し、認証システムと連携することで所有者の身元を確認することや、真正性の確認が取れている機器のみからクラウドへのアクセスを許可すること、あるいは間違いなく製造メーカーが公開した更新ソフトウェアが提供される仕組みなどを提供することを目指したものとなっており、今後、開発に向けて4社で具体的な協議を進めていくとしている。