●広告牽引で決算好調
LINEが26日に公表した2017年12月期第2四半期決算(4-6月)は、営業収益が504億7400万円で前年同期比32%増、四半期純利益は89億1700万円同で約2.9倍と好調だった。ただし、主要4カ国の月間アクティブユーザー数が初の減少に転じ、先行きに不安も残した。

○好調を維持する広告事業

営業収益、純利益が大幅に増加したのは、カメラ事業の統合に際しての譲渡益104億円を計上したため。これを除いた売上収益は397億8,000万円で前年同期比17.5%増となっており、本業自体も好調を維持していることがわかる。

牽引役となっているのが、広告事業だ。広告事業の売上は175億700万円で前年同期比38.7%の増加。もはや同社の売上収益の半分に迫ろうかという勢いのある事業だ。

その内訳を見ると、依然として、LINE公式アカウント、LINE@、ビジネスコネクトといったメッセンジャー型広告が売上の半数以上を占めているが、パフォーマンス型広告の成長が著しく、さらに今後の成長も期待されている状況だ。

2017年上期においては、LINEアプリにNEWSタブを導入し、LINE NEWSの利用者数と存在感を高めた。LINE NEWSはパフォーマンス型広告の広告スペースを提供する存在でもあり、ユーザーとコンテンツ、広告をうまく結びつけた形だ。下期以降もLINEのファミリーアプリ(LINE LIVE、LINE Manga、LINE Today)に広告掲載を展開していくとし、メッセンジャー型広告の収益の拡大を図る考えだ。

他方、コミュニケーション(スタンプ、着せ替え、LINE Outなど)は売上が75億円で前年同期比2.3%増と微増にとどまった。コンテンツ(LINE GAME、LINE プレイ、LINEマンガ、LINE MUSICなど)はゲームのヒット作が出ず、売上は101億円で同11.5%の減少だった。その他(LINE FRIENDS、LINEバイト、LINE Pay、LINEモバイルなど)の売上は46億円で同88%増と急成長を遂げたものの、広告事業と肩を並べるところまでは迫れていない。

●LINEに残る一抹の不安
○LINEが残した不安

全体としては好調が続くLINEの決算だが、冒頭に記したとおり、主要4カ国の月間アクティブユーザー数(MAU)が初の減少に転じ、先行きに一抹の不安を残すことにもなった。LINEが力を入れる、日本、台湾、タイ、インドネシアにおけるMAUは前四半期に比べ200万人減少の1億6900万人となった。日本では200万人増加しMAUは7000万人に到達したが、台湾、タイ、インドネシアで400万人減少したという事実は見過ごせない。

26日に行った電話会見でLINEの出澤剛社長は「メッセージ数やアクティブ率(DAU/MAU)は上がっている。LINE Todayが大きく伸びており、(コンテンツを活用した)スマートポータルの取り組みがユーザー拡大につながる」とコメント、挽回の余地があることを指摘した。

しかし、ユーザーの減少は気がかりだ。いくらアプリが活用されていようとも、そのベースが減少し続けるならば、ビジネスを展開しても影響力、収益性は落ち込んでしまう。Facebookなど別のアプリが3エリアで影響力を拡大している可能性もある。また、主要4カ国を足固めして、他のアジア地域にも進出をかけていくという、昨年7月の上場時に披露した戦略にも変化を及ぼす可能性もある。LINEの今後のビジネスの展開や成長余力を見る上で、MAUの変動には注目しておきたいところだ。