Microsoftは7月25日(現地時間)、「The End of an Era - Next Steps for Adobe Flash - Microsoft Edge Dev BlogMicrosoft Edge Dev Blog」において、Adobe Systemsが発表したFlash Playerの提供終了アナウンスに対する同社の対応を発表した。同社は2020年にかけて段階的にFlashサポートの廃止へ向けた取り組みを行うとしている。

Microsoftが発表した段階的手順は次のとおり。

Microsoft Edge

2017年末から2018年にかけて: 初めて訪れたサイトに関してはFlashを実行するかどうかをユーザーに求め、その設定に従って以降動作する
2018年半ばから後半にかけて: セッションごとにFlashを実行するかどうかをユーザーに求める
2019年半ばから後半にかけて: Flashをデフォルトで無効化。設定を変更して有効にすることもできるが、サイトごとにFlashの実行許可をユーザーに求めるようになる
2020年終わりにかけて: Flash機能を削除

Internet Explorer

2017年末から2018年にかけて: Flashはそのまま実行される
2018年半ばから後半にかけて: Flashはそのまま実行される
2019年半ばから後半にかけて: Flashをデフォルトで無効化。設定を変更して有効にすることもできる
2020年終わりにかけて: Flash機能を削除

Internet ExplorerはMicrosoft EdgeよりもFlash無効化へ向けた規制が緩いものになっているが、いずれも2020年末までにFlash機能は削除されることになる。Flashの機能が必要な場合はMicrosoft EdgeよりもInternet Explorerのほうが煩雑さが減るため、Internet Explorerのシェアが増加する可能性もある。今後のシェア動向が注目される。