NTTコミュニケーションズは27日、インドにおけるグループ企業であるNetmagic社を通じて、「インド ムンバイ 6 データセンター」と「インド バンガロール 3 データセンター」の2つのデータセンターを新たに2018年4月に提供する予定であることを発表した。

インド最大の都市ムンバイに設置される「インド ムンバイ 6 データセンター」は、サーバールーム面積約7,900平方メートル(2,750ラック相当)、デカン高原の南に位置する大都市バンガロールに設置される「インド バンガロール 3 データセンター」は同面積約5,700平方メートル(1,500ラック相当)。両センターの設置により、同社のインドにおけるサーバールーム提供可能面積がこれまでの約1.7倍の32,200平方メートルとなり、同国最大級の事業者になるという。

センターはNTT Comが世界140拠点以上で展開するデータセンターサービス「Nexcenter」ブランドで提供される。新データセンターは、同社が定める300項目以上のグローバル統一設備、運用基準に準拠、電力供給が不安定な同国内でもUPS(無停電電源装置)などの設備を二重化することで24時間365日の安定した供給を実現し、NTT Comグループのネットワークサービスやクラウドサービスを組み合わせたICTソリューションを提供していく。