ZMPは7月26日、ステレオカメラ「RoboVision2」を用いた物体検出機能を搭載した「ZMP RoboVision2 物体検出パッケージ」の最新ソフトウェアの出荷を開始したことを発表した。

RoboVision2は、ソニー製CMOSセンサを用いたステレオカメラ。撮影した画像データから、距離情報だけでなく、物体の検出もできるソフトウェアを搭載したステレオビジョンシステムとなっている。

今回発売されるソフトウェアでは、前方に存在する信号機や標識などステレオカメラの前方の物体検出を行う検出エリアの幅、奥行き、高さを指定した検出が可能となった。また、検出する物体の幅と高さを指定することで検出したい対象物に絞った物体検出も行える。すべての画像領域を対象とするのではなく、物体の存在する画像領域を指定して画像認識などの後処理を行うことでより効率的な処理を行うことが可能になるという。

また、検出した物体のカメラからの位置座標に加え、検出した物体の点群情報も出力することができ、画像情報と点群情報を組み合わせた開発も可能。サンプルアプリではGUI上で物体検出範囲の設定や検出するサイズの設定もできるようになっている。

価格は、RoboVision2本体・処理 PC・物体検出ソフトウェアのセットが170万円、物体検出ソフトウェアのみで50万円となっている(いずれも税別)。