インターステラテクノロジズ(IST)は7月30日、同日、予定していた民間開発の日本の宇宙ロケットとして、初となる「MOMO」初号機の打ち上げを、朝方の延期決定に続き、午前10時20分から12時30分の間に目指していた打ち上げも延期することを決定。15時45分以降に改めて打ち上げを目指すと発表した。

今回の打ち上げ延期決定は、機体そのものは順調だったものの、打ち上げ後に落下する海域に船が居るという情報を受け、海上の安全が確保できないとの判断から下されたもの。最終ウィンドウとなる15時45分から17時までについては、昨日の時点では海上の監視船の兼ね合いなどから、打ち上げを行わないとしていたが、関係各所との協議の結果、実施可能であると判断。最終ウィンドウでの打ち上げを目指すことを決めたとする。

なお、機体には12時30分までの打ち上げを目指し、すでに燃料のエチルアルコール(EA)の充填と酸化剤となる液体酸素(LOX)の充填を終えており、15時45分までの間に、これを一度抜き、再度充填しなおすのか、それともこの状態を保持するのかは12時30分の時点では公になっていない。