日立システムズエンジニアリングサービスと日立システムズは7月31日、国内外の拠点とデータを共有する企業向けに「グローバルセキュアデータ転送サービス」の販売を開始したと発表した。提供開始は2017年10月を予定している。

同サービスは、データを一時的に無意味化し、安全かつ高速に転送するというもの。両社が独自に開発した高速データ転送ソフトウェアに加え、ZenmuTechの秘密分散ソリューション「ZENMU」の技術とパブリッククラウド環境を組み合わせることで、転送時に機密データを一時的に無意味化し、国内外の拠点と新製品の設計図情報などの機密情報をセキュアな環境で共有できるようになる。

無意味化とは、データを意味のない文字の羅列にするとともに、複数に分割・分散することで、その分散したデータをすべて集めたうえで復元しなければ意味をなさない状態にする手法。分散されたデータは同じ伝送経路ではなく、2つ以上のパブリッククラウド環境を通じて転送されるため、専用線に比べ低コストで大容量データをセキュアに高速に転送することが可能になるという。

さらに、万一、転送が失敗した場合でも、システムで自動的に転送作業を再実行するため、担当者がデータ転送を完了するまで待つ必要がなくなるため、業務の効率化や働き方改革を推進するとしている。