IDC Japanは7月31日、2016年の国内クライアント仮想化市場に関し、国内シンクライアント専用端末市場、国内クライアント仮想化ソフトウェア市場、国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場、国内クライアント仮想化サービス市場、国内モバイル仮想化ソリューション市場それぞれの主要ベンダーの競合状況を分析した結果を発表した。

2016年の国内クライアント仮想化ソリューション(オンプレミス)市場売上額は前年比27.3%増の5166億円で、ベンダー別のシェアは、上位から富士通、NEC、日立、日本ヒューレット・パッカード(HPE)、IBM、デルの順となった。

国内クライアント仮想化サービス市場売上額は同41.2%増の464億円で、ベンダー別のシェアは、上位から富士通、NTTデータ、新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)、日立、NTTコミュニケーションズ、ソフトバンクと続く。国内モバイル仮想化ソリューション市場は同39.4%増164億円で、ベンダー別のシェアは、上位から富士通、e-Janネットワークス、NTTアイティ、スプラッシュトップ、アールサポートとなった。

国内シンクライアント専用端末市場のベンダーシェアは1位から順に、日本HP、日立、富士通、デル、レノボとなり、総出荷台数は前年比12.2%増の20万7000台と3年ぶりにプラス成長に転じた。産業分野別出荷台数別シェアでは、金融が20.1%、教育/自治体が19.0%、小売が7.4%、ヘルスケアが1.4%、その他(製造/情報サービス/通信など)が52.1%と順位は昨年と同様だが、教育/自治体とその他への投資割合が、昨年より高くなっているという。

国内クライアント仮想化ソフトウェア市場のベンダーシェアは、上位3社はマイクロソフト、シトリックス、ヴイエムウェアで、総ライセンス数は前年比38.4%増の238万9000ライセンスとプラス成長となった。

同社のPC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストである渋谷寛氏は「クライアント仮想化第4世代を迎え、さまざまな企業がデジタルトランスフォーメーションの実現を目指す中、クラウド、モビリティ、仮想化技術を連携させたイノベーションが創発されるであろう」と述べている。