fossBytesに7月31日(米国時間)に掲載された記事「6 Free MS Paint Alternatives Every User Should Try」が、ペイントアプリケーション「Microsoft Paint」の代替として利用できるソフトウェア6選を取り上げた。当初、この秋に提供が予定されているWindows 10 Fall Creators UpdateでPaintの提供廃止が伝えられたが、市場の反響を受け、PaintがWindows App Storeに登録されると発表があった。

記事で紹介されているソフトウェアは次のとおり。

Vectr
Pixlr
MyPaint
GIMP
Paint.NET
Paint 3D

最近は、GitHubのElectronのように複数のオペレーティングシステムで利用できる基盤ソフトウェアが成熟しており、クロスプラットフォームで動作するアプリケーションが増えている。そこで、日ごろからWindowsでもmacOSでもLinuxでも利用できるアプリケーションを使っておくことで、複数のオペレーティングシステムを使っている場合や、利用するオペレーティングシステムが変わった場合でもアプリケーションのスキルをそのまま活用することができる。