ソフトバンク・ペイメント・サービスは、ソフトバンク、NTTドコモ、auの利用者に対し、携帯電話番号と氏名だけで、企業から支払い(チャージ)ができる決済サービス「支払代行サービス」を8月2日より提供開始する。

同サービスの利用にあたっては、ソフトバンク利用者は「ソフトバンクカード」、NTTドコモ利用者は「ドコモ口座」、au利用者は 「au WALLET プリペイドカード」への契約が必要。

同サービスを導入した企業は、支払先の金融機関口座番号を保持することなく、利用者のカードや口座に対して24時間365日支払い指示が行える。

支払いを受けた側は、ATMで現金を引き出すことなく、カードや口座の残高として、代金を利用することができる。

「ハードオフグループ」が展開する宅配買い取りに、同サービスを導入することも発表された。8月2日から、全国297店舗の直営店が受ける宅配買い取りサービスの支払い手段に、同サービスが追加される。