ジャストシステムは8月1日、テキストチャットによる1on1デプスインタビューが行えるチャット・インタビューサービス「Sprint」の提供を開始した。

サービスでは、スマートフォンのプッシュ通知で募集をかけて5分で最適なモニタを探し出し、その場で30分間のインタビューが可能。終了と同時にテキストと動画のデータなどが納品される仕組みだ。

時間や手間を軽減するほか、会場費といった費用もかからないため、従来サービスに比べて低価格で手軽に、高頻度で定性調査を実施できる。これにより、消費者のインサイト分析まで迅速に小規模で回していくことで、最短で消費者のインサイトに到達でき、常時把握が可能となる。

また、対面を条件とせず、顔が分かる画像や音声を排除することで、参加できるモニタ母集団が飛躍的に大きくなった。顔を見せたくないモニタや会場に出向くことが難しい属性のモニタにもリーチでき、本来インタビューしたかった属性の一般消費者から話を聞くことが可能だ。

加えて、テキストチャットのため生じる入力時間をモニタの観察・分析に充てられるほか、「デプス・プレビュー」機能で入力過程も観察でき、インタビューの進行とモニタの観察・分析が両立できる。モニタの反応を見ながら柔軟に質問が行えるため、多くの情報を引き出せるという。

価格は、使い放題の月額制「アンリミテッドプラン」が19万8000円(税別)/1カ月、付与されたポイント内で複数回の調査が可能な「バウチャープラン」が40万円(税別)となる。