デルは8月3日、VDI向けソリューションとして、Windows 10 IoT Enterpriseベースの「Latitude 3480モバイルシンクライアント」とシンクライアントOSの最新バージョン「Wyse ThinOS 8.4」を発表した。

Dell Latitude 3480モバイルシンクライアント」は、ビジネス向けノートパソコン「Latitudeシリーズ」をベースとした、14インチのモバイルシンクライアント。TPM 2.0と管理向けのインテル vProをサポート。Citrix XenDesktop、Microsoft RDS、VMware Horizonなどの仮想デスクトップブローカーに接続できる。価格(税別)は95,800円。

「Wyse ThinOS 8.4」は、HTMLアクセスを含むVMware BlastExtremeリモートプロトコルをサポートするようになり、HorizonのエンドユーザーはWebブラウザ経由で仮想デスクトップにアクセスできるようになった。

また、Citrixユーザー向けに最新のCitrix HDX RealTime最適化パック2.2をサポートするため、ユニファイドコミュニケーション機能が向上。XenAppおよびXenDesktopサーバーによるHTML5マルチメディアWebコンテンツの配信方法を制御、最適化するHTML5ビデオリダイレクトをサポートする。

そのほか、「Wyse ThinOS 8.4」は、QUMUマルチキャスティングとBluetooth 4.0のサポートによる4Kビデオ出力などのオプションを提供する。

また、セキュリティ面の強化点としては、セルフサービス・パスワードリセット機能、ファームウェアのアップグレード/ダウングレード時にデフォルトで行われるファームウェアシグネチャ認証、信頼されたネットワークデバイスへの証明書のセキュアな発行をサポートする証明書登録プロトコルのサポートなどがある。