米Mozillaは8月2日(現地時間)、最新の実験的な機能を試すことができるプロジェクト「Firefox Test Pilot」において、最大1GBまでのファイルを共有できる機能「Firefox Send」の提供を開始した。

同社は、Firefox Test Pilotにおいて、正式には提供していない実験的な機能を公開している。これまでに、「Snooze Tabs」「Containers」(日本語未対応)「Min Vid」を公開している。例えば、「Snooze Tabs」は、一度閉じたタブを設定しておいた時刻に再度開くことができる機能。

Firefox Sendは、公式のWebページから利用できる。Webページに、ファイルをドロップしてアップロードすると、暗号化された上でオンラインで共有できるようになる。ファイルを共有する際は、アップロード先のURLのリンクを相手に送ればよい。

アップロードしたファイルは、1回ダウンロードされた後、あるいは、24時間後に期限切れとなり、サーバに保存されたファイルは自動的に削除される。

アップロードしたファイルは、トップページでURLをコピーしたり、削除したりといったことが可能。

同社は「Send はあらゆるモダンブラウザーで使用できる」としており、Firefox以外に、Google Chrome、Microsoft Edgeでは動作を確認できたが、Internet Explorerでは「サポート外」というメッセージが表示された。