IDC Japanは8月4日、2016年3月時点での情報をもとにした国内エンタープライズデバイス市場(スマートフォン、タブレット、ポータブルPC)の、2017年〜2021年の予測を発表した。

同社では、国内エンタープライズデバイス市場の2016年〜2021年出荷台数の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は2.5%と予測。各機器の同CAGRは、スマートフォンが6.5%、タブレットが1.9%、ポータブルPCが0.3%と、それぞれプラスの成長を見込んでいる。

なかでもスマートフォンが最も高い成長を予測をしている理由は、独自OSを搭載した従来型携帯電話の主要部品供給が終焉に向かい、2017年以降スマートフォンへの置き換えが急速に進むと考えられるためだという。

画面サイズ別に市場を見た場合、スマートフォンのビジネス市場における成長率の高さから、Small Screenサイズ(5〜8インチクラス)の製品のCAGRが最も高く、次いでUltra-Small Screenサイズ(5インチ未満)の製品の成長が高くなると予測。次に成長率が高いサイズは、データ編集を効率的に行うために最低限必要なスクリーンサイズのタブレットおよびポータブルPCのMiddle Screenサイズ(9〜13インチクラス)であり、「働き方改革」などの進行でモビリティ性が選好され、Large Screenサイズ(14インチ以上)よりも需要が高まるとみている。

エンタープライズデバイス市場の主なOSはPCを中心にWindowsが多く、2016年での同市場の中での構成比は約56%だが、2020年以降はWindows 7 EOS(End of Support)の反動からPCの出荷が減少すること、また従来の携帯電話端末(フィーチャーフォンなど)からの切り替えによってスマートフォンの出荷が好調に推移することなどから、Windowsの構成比は50%以下になると予測している。