PALTEKは、タイヤ空気圧モニタリングシステム(TPMS)および車両向けセンサーネットワークを提供するLDLテクノロジーと販売代理店契約を締結したことを発表した。

タイヤの空気圧が低下すると、燃費の悪化、走行安定性の低下、タイヤ磨耗の助長、ブレーキから停車までの制動距離の伸長といった悪影響を及ぼすほか、タイヤバーストの主要因のひとつとなる。そのため、適正な空気圧をリアルタイムにモニタリングすることが重大事故を未然に防ぐためには重要で、さらにタイヤ内の熱もモニタリングすることでタイヤの火災防止にもなる。これらのことから、タイヤの空気圧や熱を常時監視するセンサーの導入は世界的な潮流となっており、日本でも国土交通省経済産業省などで検討が行われている。

LDLテクノロジーが提供するTPMSは、タイヤホイールに装着するホイールユニットセンサー、RCU(受信機)、モニターディスプレイ、TCU(通信機)で構成され、それぞれの機器が完全にワイヤレス化され、また、自社製のTCUを多種多様なセンサーと接続させてネットワークを構築することも可能となっている。

なお、同社は、LDLテクノロジーのTPMSを取り扱いを開始することで、車載分野での事業を推進するとともに、将来的にはTPMSを含めた多種多様なセンサーを組み込んだネットワークサービスを展開し、事業領域の拡大を目指すとしている。