デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)は8月8日「Deloitte Exponential」が提供するサービスとして、先端デジタル技術を活用した次世代のサプライチェーンを構築する「Digital Supply Network(DSN) Platform」の提供を開始すると発表した。

DSN Platformは、AIを活用した需要予測からアロケーション作成に至るサプライチェーン計画の策定や、KPIなどの経営情報をビジュアル化してレポーティングする機能など、サプライチェーンプランニング(SCP)に必要な機能を厳選しパッケージングしたクラウドサービス。環境変化に対応してサプライチェーン計画・プロセスを柔軟に変化させるDSN構築を支援する。

DSN Platform導入における主な特徴としては、デロイト グローバルが有するSCP標準ガイドラインに基づいた標準アプリケーション機能をテンプレートに、アジャイル手法による導入アプローチによって導入期間を大幅に短縮することが可能な点が挙げられる。

また、企業規模に即してDTCが厳選した必要最小限のソリューションセットとなっていることからIT投資・運用コストともに削減を実現するという。

DTCでは、DSN Platform導入後のIT運用 及び データ分析を包含したManaged Service(運用保守サービス)を通じて、適正在庫水準維持などの効果創出を支援するほか、部門内に閉じず、部門横断・サプライネットワーク全体でのデータ活用を第三者として継続支援するサービスも提供するとしている。