IDC Japanは8月8日、クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術といった国内第3のプラットフォーム市場について、金融分野における2017年〜2021年の市場予測を発表した。

同調査から同社は、2017年の国内第3のプラットフォーム市場の金融分野のIT支出規模は9286億円、前年比成長率は6.9%と予測。特に保険ではビッグデータ/アナリティクスを中心に積極的な投資が進むとみている。なお、ソリューションでは、現在モバイル関連支出が主に牽引しているが、これからは大手金融機関で取り組みが加速しているクラウド、ビッグデータ/アナリティクス関連の支出が徐々に拡大すると予測している。

また、第3のプラットフォームと同様にFinTechソリューションの提供、活用のため、スタートアップ企業と連携し、自社/自行で開発する金融機関も増加している。現時点では検証段階に留まっている金融機関が多いものの、2017年以降本格的にソリューションを提供するケースが増えるとみている。

同社ではFinTechの取り組みによって影響を受ける範囲を「FinTechエコシステム」として分析。国内における「FinTechエコシステム」関連IT支出額は、2017年に196億円、2021年には1179億円に拡大するとみている。また、2018年までは金融機関のFinTech投資が全体を牽引するが、2019年以降は、国内金融機関の関連システム(勘定系システム、顧客管理システムなど)の投資、ならびに他の産業分野の企業におけるFinTech関連投資といった関連分野の投資が牽引するとみている。