メルセデス・ベンツ日本はフラッグシップモデル「Sクラス」の新型を発表した。すでに予約注文の受け付けを開始しており、納車は9月上旬から順次開始する。ベンツの最高級セダンである新型Sクラスは、クルマの“知能”が進化していることを示す存在だ。

○インテリジェントドライブに新機能、自動運転に接近

ラグジュアリーセダンという分野の開拓者であるSクラスだが、「インテリジェントドライブ」「究極の快適性」「徹底した効率向上」をコンセプトとして2013年に登場した先代は、累計販売台数が世界で30万台を突破したそうだ。今回の新型では、新エンジン、マルチパーパスカメラ、ヘッドライトなど、新たなコンポーネントを6500点以上採用するなど、開発は広範囲に及んだという。

新型Sクラスには、クルマの知能化が進んでいることを感じられる要素が盛り込まれている。まず「自動運転につながる技術」(上野社長)である「インテリジェントドライブ」の進化だが、Sクラスでは、もともと備わっていた高速道路における先行車追従モードに「アクティブステアリングアシスト」という新機能が追加となっている。これは、車線が不明瞭な状況でガードレールなどを認識し、先行車との車間距離を維持しながらステアリング操作をアシストする機能だ。

アクティブステアリングアシストが起動している際には、ウインカーを点滅させることで自動で車線変更できる「アクティブレーンチェンジアシスト」という新機能も使えるようになった。この機能では、いったんウインカーを出せば、10秒以内であればシステムが車線変更が可能かどうかを確認し続け、自動で車線変更を行ってくれるという。

○「最善か無か」を体現するSクラス

そのほか、ドライバー支援機能で目を引くのは、メルセデス・ベンツで初の搭載となる「リモートパーキングアシスト機能」だ。これは、車外からスマートフォンを使って駐車操作を行うことができる機能。発表会ではデモを見ることができたが、無人のSクラスがスマホ操作で縦列駐車をこなす光景には驚いた。

「Sクラスは1972年の発表以来、つねに最新の技術を採用し、(メルセデス・ベンツのスローガンである)『最善か無か』を体現する存在だ」と上野社長は語っていたが、最新のSクラスは確かに、「インテリジェントドライブ」の進化や、通信機能を用いたテレマティクスサービス「メルセデス・ミー・コネクト(Mercedes me connect)」の初導入など、最新技術の採用に積極的な姿勢が見てとれるクルマとなっている。

独アウディは、Sクラスと競合する「A8」の新型にレベル3の自動運転機能を導入すると発表している。ドイツに拠点を置くプレミアムブランドメーカーの間では、フラッグシップモデルに搭載する技術で先進性を競う流れが加速しそうだ。