東京大学(東大)は9月8日、スマホゲームアプリ「PokémonGO」(以下、ポケモンGO)が労働者のメンタルヘルスを改善する効果に着目し、労働者を対象に調査を実施。その結果、1か月以上継続してプレイした労働者は、そうでない労働者に比べて、1年後の心理的ストレス反応が有意に減少していたと発表した。

同成果は、東京大学医学系研究科精神保健学分野の渡辺和広 氏、川上憲人 教授らによるもの。詳細は英国の学術誌「Scientific Reports」」に掲載された。

近年、「ポケモン GO」は、その新規性と話題性から、さまざまな影響について議論が行われ、交通事故の危険の増加、住居侵入の危険の増加などのネガティブなものから、身体活動の促進などのポジティブなものが示唆されていた。

その他に、同アプリをプレイした自閉症の男の子が家の外に出る、引きこもりや抑うつ(気分の落ち込み)の解消に有効であるなど、メンタルヘルスの改善に及ぼす効果についてにも議論がなされていた。しかし、これらの議論は一部を除いて事例証拠や専門家の意見によるものにとどまっており、「ポケモン GO」がメンタルヘルスの改善に及ぼす効果については未だ科学的な証拠が示されていなかった。

今回の研究では、労働者における「ポケモン GO」と心理的ストレス反応との関連を検討することを目的として、日本の労働者を対象とした調査を実施。2015年11月から追跡していた、日本に居住する正社員・正職員の労働者2,530名(20〜74歳)を対象に、2016年12月に再度インターネットを用いて、同アプリを1か月以上継続してプレイしたことがあったかを調査した。

質問に「はい」と答えた労働者を「Pokémon GO player」、「いいえ」と答えた労働者を 「Non-player」とし、全ての労働者に対して、心理的ストレス反応の程度を聴取した。これは 2015年11月時点でも同一の方法で聴取しており、約1年間の心理的ストレス反応の変化に「Pokémon GO player」と「Non-player」との間で違いがみられるかを、統計的な手法によって検討した。

その結果、全体のおよそ1割が「Pokémon GO player」に属しており、2015年11月時点と比較して心理的ストレス反応が減少し、労働者の心の健康状態が改善する傾向にあった。一方、「Non-player」の心理的ストレス反応の変化はほぼ横ばいとなっており、両群の間には統計的に有意な差があったという。この結果は、対象者の年齢や性別といった属性、喫煙や飲酒の習慣といった生活習慣、そして仕事の量的な負担、裁量権、および上司や同僚からの支援の程度といった仕事の要因を考慮した上でも同じであったという。

すなわち、「ポケモン GO」をプレイすることと労働者の心理的ストレスとの関連を量的に示し、拡張現実を利用した新しいゲームが労働者の心の健康状態を改善する可能性を示唆するものであると、研究グループは説明している。

なお、今回の成果について同グループでは、ゲーム性を備えたコンテンツによるメンタルヘルス改善のための介入は、従来の介入方法と比較して、メンタルヘルスの問題に興味のない人々や、メンタルヘルスの問題を抱えていながら通常のメンタルヘルスケアにアクセスできないような人々にも有効な可能性がある。また、今後、「ポケモン GO」を始めとする新しい技術を利用したゲームがメンタルヘルスを改善するメカニズムの検討や、より厳密な効果検証のための研究を進めていきたいとコメントしている。