IDC Japanは10月5日、国内データセンターサービス(顧客企業の情報システムを情報サービス事業者のデータセンターで監視・運用するサービス)市場の最新予測を発表した。これによると、2017年の国内データセンター(DC)サービス市場は前年比7.2%増の1兆1780億円だという。

今回の調査では、国内DCサービス市場を「コロケーション」「クラウドデリバリー・ホスティング」「従来型ホスティング」の3つのセグメントに分けて市場予測を行っている。

同市場の2016年〜2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は8.1%で、2015年〜2020年のCAGRに比べると上昇しており、市場規模が1兆円を超えても成長率上昇が継続しているという。2021年の市場規模は1兆6230億円と予測している。

こうした成長の加速は、クラウドサービスの利用拡大が寄与しており、特にアマゾン、グーグルマイクロソフトなどの、いわゆるグローバル・メガクラウドサービスの利用範囲を、国内企業/団体が積極的に拡大させていることが要因となっている。

2017年においてはクラウドデリバリー・ホスティングは26%を占める見込みだが、クラウドデリバリー・ホスティング市場が急速に伸びることから、2021年にはクラウドデリバリー・ホスティングの比率は45%に達し、国内DCサービス市場の中では最大のセグメントとなる予測している。

クラウドサービス利用拡大による市場成長の加速に加え、コグニティブ/AI(人工知能やディープラーニングなど)およびIoT(Internet of Things)など、新しいタイプのデータ処理のニーズがDCサービスの成長を促進する可能性があるという。

同社のITサービス リサーチマネージャーである伊藤 未明氏は「こうした新たな市場のダイナミズムに対応するため、SI事業者/ITベンダーではハイブリッドクラウドや、デジタルトランスフォーメーション(DX)指向型DCなどの成長分野に注力することが重要である」と分析している。