三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターから2017年12月23日10時26分22秒(日本標準時)に、気候変動観測衛星「しきさい」(GCOM-C)および超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)を搭載したH-IIAロケット37号機(H-IIA・F37)(高度化仕様)を予定通り打ち上げた。

同機は打ち上げ後、固体ロケットブースタ分離、衛星フェアリング分離、第1段エンジン分離、第2弾エンジン第1回推力立ち上り始動、第1回燃焼停止、約800km円軌道にて「しきさい」を分離(打ち上げ16分19秒後)する予定。さらに「しきさい」分離後は、第2段エンジン第2回推力立ち上り、第2回燃焼停止、「つばめ」搭載アダプタ分離、第2段エンジン第3回始動、第3回燃焼停止を経て、「つばめ」を分離する(打ち上げ後1時間48分後)予定となっている。

なおJAXAは、本日午後より今回の打ち上げに関する記者会見を実施する予定だ。