IDC Japanは1月23日、「国内産業用ネットワーク機器市場に関する予測」を発表。これによると、同市場における2017年〜2022年の年間平均成長率(CAGR)は21.4%と、非常に成長率の高い市場と予測している。

厳しい設置環境でも動作するように設計された産業用ネットワーク機器市場は、新しい市場ではないものの、IoTの活用が進む中で関心が集まっているという。また、ネットワーク接続されていない「グリーンフィールド」が産業用ネットワークには多く残されており、成長の余地は大きいと同社はみている。

2017年で85億円と小規模だが、年間平均成長率21.4%で成長し、2022年には224億円にまで拡大すると予測。また、オフィスなどに導入される一般用企業向けネットワーク機器市場の成長率が、±1%前後とほぼ横ばいであることから、同市場のポテンシャルの高さが伺える。

製品セグメント別に見ても、いずれも大きな成長が見込まれ、2017年〜2022年におけるCAGRは、「産業用イーサネットスイッチ」が15.0%、「産業用ルーター」が57.6%、「産業用無線LAN機器」が65.6%と予測している。2017年の市場は、大半を産業用イーサネットスイッチが占めているが、今後はより高度で可動性の高いネットワークの導入とともに、産業用ルーターと無線LANアクセスポイント市場も本格的に立ち上がると推測している。