NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は9月19日、データ利活用に必要な機能をワンストップで利用できるというプラットフォームである「Smart Data Platform」を、9月30日に提供開始すると発表した。

新プラットフォームは、同社が2018年度から開発を進めてきた「データ利活用を支えるサービス群」を再編成し、より進化したプラットフォームとして提供するもの。

同社のサービスを活用し、データの収集・蓄積・管理分析に必要な多様な機能を企業の用途やニーズに応じてワンストップで組み合わせて利用可能としている。

同社が提供してきたセキュリティサービスに加え、インターコネクト機能による閉域網内での安心安全なアプリケーション接続、データの匿名加工など、収集・蓄積・管理分析におけるプロセス全体のセキュリティを担保する。

また、クラウドやオンプレミスなどの多様な環境に点在するデータを統合・連携が可能だという。

同社が提供するAI(人工知能)のアプリケーションに加え、他社が提供するデータ利活用アプリケーションも同プラットフォームと連携して利用できる。

さらに、同プラットフォームを実現する機能の拡充として、データマネジメント基盤「iQuattro」、データセキュリティ「匿名加工サービス」、インターコネクト「Flexible InterConnect」、ストレージ「Wasabiオブジェクトストレージ」、データインテグレーション「iPaaS」を順次発表予定で、サブスクリプションビジネス支援「Subsphere」やボイスDXなど、同プラットフォームと連携するアプリケーションも順次提供する予定とのこと。