NTTドコモは10月3日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と横浜市と共同で、横浜MaaS「AI運行バス」実証実験を2018年度に引き続き2019年度も横浜都心臨海部において実施すると発表した。

「AI運行バス」は、利用者がスマートフォンのアプリやWebサービスから乗車予約が行える。AIが乗車予約からリアルタイムで最適な配車を決定し、利用者は時刻表に縛られることなく乗車・移動が可能。

また、地域の店舗や商業施設、イベント主催者などが各種情報や集客用のクーポンを配信できる機能もワンパッケージとして提供される。

2019年度は、検証第1弾として、10月10日から20日の11日間に、みなとみらい21、関内エリア周辺で、スマートフォンアプリなどを用いて、観光施設やグルメスポット、イベント情報を検索し、検索結果から直接「AI運行バス」を予約して回遊できる実証実験を実施する。

実証実験を通して、高需要ルートに限定した定員11人以上の大型車両の運行、2017年度に「AIタクシー」で実用化したリアルタイム移動需要予測技術の活用による効率性とサービス性に関する性能の検証、ユニバーサルデザインの検証、250を超える商業施設などとの連携による集客サポート機能の検証などを行う。