●野球の投球練習でパンチ力強化
ボクシングのロンドン五輪ミドル級金メダリスト・村田諒太(31)が15日、「マイナビオールスターゲーム2017」第2戦(千葉・ZOZOマリンスタジアム)で始球式に登場。自身3度目の始球式は打者の後ろを通過する"大暴投"となるも、一年に一度の"祭り"を盛り上げた。その直後に本人にインタビュー。野球との意外な関わりや影響を受けた野球選手を明かしてくれた。

また、世界初挑戦となったアッサン・エンダム(フランス)とのWBA世界ミドル級王座決定戦(5月20日)についても質問。試合を優位に進めたように見えながらも判定負けを喫し、"不可解な判定"と疑問の声が続出したこの一戦が村田にとってどのような経験になったのか。振り返ると共に、今後の目標も聞いた。

――3度目の始球式となりましたが、いかがでしたか?

大暴投も大暴投で…3回目が一番ダメでした。あんなところにいくとは思わなかったです。スピードを狙うか、コントロールを重視するかいろいろ考えて…最終的に何も考えない戦法でいったらダメでした。でも、言い訳していいですか! ウォーミングアップがほしかった。1回も投げていなかったのでキツかったです(笑)

――ウォーミングアップなしだったんですね! 球場の雰囲気はいかがでしたか?

やはりいいですね! たくさんお客さんがいる中で投げさせてもらって。景観もよくて気持ちいい球場でした。

――また始球式やりたいですか?

ぜひリベンジしたいです!

――村田選手は野球はお好きですか?

好きですよ! たまに見ます。特にWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)や甲子園といった一発勝負のものが好きですね。僕はスポーツというのは、だれもができてスポーツだと思っている。野球はボールとバットがあればだれでもできて、世界的に見ても競技人口がとても多いですし、そういう意味でも興味がありますね。

――野球などほかのスポーツからボクシングに取り入れたり、学ぶことはありますか?

ボクシングは動きが単純というか小さい。それに比べて野球は動きが大きく、自分の体の癖とかもわかったりするんです。ボクシングだとわからない動きも、ボールを投げることによって…例えば、ストレートを投げているつもりでもスライダー回転するということは、自分がまっすぐだと思っていても実はこっちに打っている。ボールを投げることで、そういった体の使い方が見えてくるんです。

――普段の練習から野球を取り入れているんですか?

やっています。朝練で、朝走ったあとに球を投げたりとか。

――そうなんですね! 昔からですか?

いえ、去年くらいからです。去年からよく相手をノックアウトするようになったんですけど、練習の一環としてやっている野球は、肩を大きく動かすので、肩の可動範囲も広がってパンチ力にも生きてきています。

●尊敬するイチローから学んだこと

――今年はWBCで盛り上がりましたが、ほかの競技の選手が世界と戦っている姿というのは、いい刺激を感じたりするのでしょうか?

スポーツなど何かと日本はアメリカよりレベルが低いと思われがちですが、WBCではアメリカより日本の方が優勝回数が多いですし、国を代表して戦ってくれて、ましてや優勝してくれるというのは、本当にいい刺激と勇気をもらっています。

――プロ野球で特定の好きなチームはありますか?

特定のチームはないんですが、個人に興味はあります。

――思い入れのある選手は?

イチローさんです。阪神・淡路大震災が起きた1995年にオリックス・ブルーウェーブが「がんばろうKOBE」を合い言葉に戦い、リーグ優勝したときからです。小学4年生のときだったんですが、あのときイチローさんが大活躍で、それがとても印象的でした。

――今も現役で活躍されていますが、最近のイチロー選手を見られていかがですか?

すごく刺激を…"刺激"と言うとレベルが近いところで話すことなので、"刺激"ではなく"尊敬"ですね。常に探求心があって発言とかも哲学的な発言をされる。常に上を目指して現状に満足しないというスタイルとは、本当に尊敬します。

――イチロー選手の言葉で印象に残っているものはありますか?

大きな記録を残したときに「この瞬間は今から過去のことになる」というようなことをおっしゃっていて、その感覚はかっこいいなと思いました。常に前を見る方なんだなとあらためて感じました。

●初の世界戦で"強み"を再確認

――初の世界戦に挑んだ5月20日のWBA世界ミドル級王座決定戦を振り返って、ご自身にとってどういう経験になりましたかか?

やはり強い相手とやるというのは重要なことだなと思いましたね。強い相手とやって自分の通用する部分もわかりましたし、すごくいい経験になりました。これからも、もっともっと強い人とやっていきたいと思いますし、世界最強を目指して頑張りたいです!

――"通用する部分"として再確認した強み、そして課題を教えてください。

ブロッキング、パンチ力、プレッシャーは世界で通用すると再確認できたので、それをベースに。課題は…経験値がなかったことですが、その経験値はこの前の試合で積めたと思うので、あとは必死になってやっていけばいいかなと思っています。

――あらためて世界への思いをお聞かせください。

やはり、世界チャンピオンになると…ベルトあるとないで全然違う。先日、息子と一緒に京都に母校のイベントで帰ったんですが、母校の後輩・久保(隼)が世界チャンピオンのベルトを持っていて、そのベルトを息子が触っている姿を見て僕のベルトを触らせてあげたいなと思いました。なので、まずはベルトを! そして、一番強いヤツと戦って、一番強いというのを証明したいです。

――このインタビューの部屋にお子さんもいらっしゃって、"パパの顔"も見せてもらいました。注意している姿を見て、しっかり教育されているんだなと。

いやー疲れますね(笑)。約束を先にしておかないといつまでも好きなことするので、いつも「いい子にするんだったら連れて行くよ」って約束するんです。で、その約束を破ったときには怒ります。

――なるほど。いつも先に約束をしておくんですね。

怒るというのは親の逃げ口上なんですけどね。本当は怒らずに対話で話すべきなんですけど、それを短縮するために怒るという感情を使う。本当はよくないんですけど、仕方ないのかなというかんじです(笑)

撮影:蔦野裕