歌手のオースティン・マホーンがこのたび、約3年ぶりとなる単独ツアーのため、今年3度目となる来日を果たし、18日にツアー初日となる東京公演を行い、お笑い芸人のブルゾンちえみも駆けつけた。

大ヒット曲「ダーティ・ワーク」でお馴染みの米テキサス出身のオースティン・マホーン。同楽曲は各音楽ストリーミングサービスにおいて合計再生回数が1,000万回を突破し、iTunesを含む音楽配信サイトでは驚異の13冠を獲得。Billboard Japanが発表している総合洋楽チャートではテイラー・スウィフト等がもつ通算首位獲得週(13週)の記録を更新する15週1位を達成するなどまさに社会的大ヒットを記録している。さらに先日発表された「レコチョク上半期 洋楽ランキング(ダウンロード部門)」においても見事1位に輝いた。

18日の東京公演には2,800人のファンが駆けつけ、「ダーティ・ワーク」「レディ」などを含む合計19曲を披露。ライブ後半、大ヒット曲「ダーティ・ワーク」のパフォーマンスが始まると、会場からは大歓声が沸き起こり、盛り上がりはピークに。そんな中、「今日はゲストがいるんだ! ブルゾンちえみ!」と客席を指差すと、そこには同楽曲大ヒットのきっかけとなったお笑い芸人・ブルゾンちえみの姿が。オースティンからの紹介に、ブルゾンは「超最高!」と英語でエールを送った。

オースティンは東京公演のほか、名古屋、大阪公演を行い、22日にタワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」で19日発売の「ダーティ・ワーク(+リミックス)」発売記念イベント"トーク&ハイタッチ会"を開催する。

Photo by Kayoko Yamamoto