お笑いコンビ・サンドウィッチマンの伊達みきお(42)と富澤たけし(43)が、23日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『誰だって波瀾爆笑』(毎週日曜9:55〜11:25)にゲスト出演した。

好感度が高い2人の人気とコンビ仲を探るべく、番組スタッフは営業先の兵庫で密着取材。控室は若手と同じ大部屋で、芸人仲間と談笑する伊達に対して、富澤は部屋の隅でゲームに没頭。本番前に言葉を交わすことはほとんどないという。

ライブ終わりに配るサイン色紙は「東北魂 サンドウィッチマン 伊達」までを伊達が書き、富澤は空いたスペースに自分のサインを書くだけ。この役割分担にはこだわりがあり、伊達は「富澤は一生懸命ネタを書いてくれるので」「(富澤が)お笑い誘って来た時も『俺がネタを書くから』と。僕はその能力がない」とその理由を話す。

本番前にネタ合わせは一切行わないが、その日にやるネタを直前の耳打ちで決めるのは伊達の役割。これについて富澤は、「やっぱり、相手の意見を尊重する。それがコンビとしての潤滑になるもの」という考えで、「こっちが一方的に全部決めて押し付けたら不満も出てくるだろうし。僕がやりたいと思ってるものがあったら、意見を聞いた上で話はします」と説明する。

スタジオトークでは、MCを務めるフリーアナウンサー・堀尾正明が「ピンではなく2人で仕事をされているイメージ」とコメント。伊達は「そうですね」と認め、「われわれはコンビ芸ですからね。やっぱりネタ番組だとかこういうものにもちゃんと2人で呼ばれるようになりたい」と2人で活動することへのこだわりを語っていた。