歌手で俳優の星野源を新CMキャラクターとして起用した花王「ビオレuボディウォッシュ」の新CM「お風呂からひとつになろう」篇が、7月27日より全国で放送されることが24日、わかった。また、同CMのために星野が書き下ろした新曲「肌」がCMソングとして流れる。

「ビオレu」は7月29日に改良新発売。それに合わせて制作された同CMでは、たくさんの幸せ溢れる家族のお風呂写真が飾られた撮影セットの中を、星野が「肌」を口ずさみながら登場し、それぞれの家族写真を眺めていく。

楽曲「肌」は、星野が「Snow Men」に続き、自分のものとして消化したネオソウル・サウンドに乗せて「肌と肌のふれあい」をテーマに歌っている。普段のCMでは流れてこないような雰囲気の音楽が完成し、星野自身も作っている中で新鮮さと感じたそうで、「視聴者の方々の目や耳にも新鮮に映るといいな」と語った。

また、たくさんの家族のお風呂写真を見て、星野は、昔よく親と一緒に、お風呂の桶にボディタオルを乗せ、タオルに洗浄料をこすりつけて横から「ふー」と息を吹きかけ大きな泡を作って遊んでいたというエピソードを披露。子どもの頃、親と一緒に入っていたお風呂は「気持ちいい時間だった」と振り返った。

「肌」は、8月16日に発売される「Family Song」に収録される。