お笑いコンビ・尼神インターの誠子、渚が24日、東京・SHIBUYA 109で行われた「キレートレモン BEAUTY NIRAMEKKO」イベントに出席した。

『キレートレモン』を販売しているポッカサッポロフード&ビバレッジは、女性のスマートフォン使用時の表情が"不細工"になっているという点に着目し、変顔をすることで不細工顔を改善してもらおうと"にらめっこ"を現代版にアレンジした「キレートレモンBEAUTY NIRAMEKKO」をSHIBUYA 109の店頭に設置。そのオープニングイベントに尼神インターが登壇し、同機械でにらめっこを体験した。

不細工芸人として人気の誠子は「今日はイベントのためにおめかししてきました。誠子、本気出しました!」と胸を張り、女性がスマフォを使用している時に8割が不細工だと自覚している点について誠子が「私もスマフォを触るので、見る時はブスだと思いますね」と納得。相方の渚から「それ以外でもブスですから。見ている時以外もブスだし、今もブスですから」とツッコミが入り、会場は爆笑の渦に。2人の"変顔"対決では、誠子が勝利して「自分で言うのもなんですが、ブスですね。テクノロジーの機械が証明したということは、本当に証明されたってことですものね。これで一生芸人やろうと思いました!」と切り替えていた。

誠子と同じ不細工芸人と言えば、横澤夏子が先日結婚を発表したばかり。その話題となり、誠子は「夏ちゃんが結婚出来たってことは、ブスでも結婚でるという証明。私の方がビジュアルは勝っているので、夏ちゃんよりイイ男を捕まえます!」と刺激を受けた様子。その誠子は生まれてから28年間、男性と交際したことがないそうで、今年4月から生活の拠点を移した東京に期待を寄せながら「大阪では男ができなかったので、東京で男を作りたいです」と鼻息が荒かった。