2018年新春に公開予定の「牙狼<GARO>」シリーズ最新映画『牙狼<GARO>神ノ牙−KAMINOKIBA−』の物語の一部が明らかになった。映画では、『牙狼<GARO>〜闇を照らす者〜』などに登場した、黄金騎士ガロの称号を受け継ぐ"守りし者"である道外流牙の新たなる戦いが描かれている。

○『牙狼神ノ牙−KAMINOKIBA−』あらすじ

黄金騎士ガロの称号を持つ道外流牙に、魔戒騎士の鎧が奪われる事件の事実究明の指令が下る。鎧を奪われたのは、かつての仲間だった魔戒騎士・蛇崩猛竜。そしてその事件に同じく魔戒騎士・楠神哀空吏が関与しているという。そして、闇に巣食う住人ホラーたちによる"神ノ牙"降臨計画が次第に明らかになっていく中、流牙たちの前に現れたのは、かつて倒したはずの最凶ホラー・ジンガだった――。

「牙狼<GARO>」は、この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描くアクションホラードラマ。映像表現においても、さまざまなスタイルで作品を発表し続け、新たな挑戦を続けてきた。その映画最新作となる『神ノ牙−KAMINOKIBA−』最大の見どころは、流牙・猛竜・哀空吏の3騎士と、復活を遂げた宿敵・ジンガの戦い。さらに、その戦いを演出するのは、「牙狼<GARO>」の生みの親である雨宮慶太監督とファーストシーズンより「牙狼<GARO>」のアクションを創り上げてきた横山誠アクション監督。栗山航池田純矢、青木玄徳、井上正大ら俳優陣と、ファン待望の監督タッグによって過去最大スケールのアクションが実現した。

(C)2018「KAMINOKIBA」雨宮慶太/東北新社