アイドルグループ・関ジャニ∞が27日、東京国際フォーラムで行われた映画『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)の日本語吹替版特別試写会にサプライズ登場し、安田章大が作詞作曲を担当した日本語吹替版主題歌「Never Say Never」を披露した。

英国俳優トム・ホランドが主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じるこの『スパイダーマン』新シリーズは、15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになるまでの成長と奮闘が描いた物語。本作のジャパンアンバサダーを務める関ジャニ∞が、新人ヒーロー・スパイダーマンへの思いを込めた日本語吹替版主題歌「Never Say Never」を歌う。

このたび、約4,000人のファンが駆けつけた試写会に、関ジャニ∞がサプライズ登場。大歓声が沸き起こる中、主題歌を熱唱した。途中、ステージを降りて客席を移動する場面では、「きゃー!!」とひと際大きな歓声が響き、そんな熱い視線を浴びながら中央通路に設けられたステージでもパフォーマンスした。

スパイダーマンの大ファンである安田は「15歳のピーター・パーカーが葛藤しながら生きていくストーリー。僕たち関ジャニ∞もいろいろ悪戦苦闘しながらきて、今こうやって初めてこういう大きなお仕事を…」と自分たちと重ねて感慨深げにコメント。「観ている方に、葛藤しながらも前向きに、誰かに支えられながら生きているんだと感じてもらえたら。エンディングで流れた時に、頑張って生きていこう、楽しんで生きていこう、夢は広がるんだと意識しながら生きてもらえたらという思いで作りました」と曲に込めた思いを語った。

安田はさらに、試写会で歌った感想を聞かれると、「人生で予定外のスケジュール。こんなことが起きるとは思ってなかった」と言い、「関ジャニ∞でよかった」としみじみ。ほかのメンバーは安田の作詞作曲を大絶賛し、村上信五は「疾走感といい、歌詞の世界観がここまでマッチしているんだと驚いた」、横山裕は「最高の曲を作ってくれた」、錦戸亮は「ぴったりの曲。同じメンバーとして誇らしい」と称えた。