公開中の映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の公開記念舞台あいさつが5日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、山崎賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生新田真剣佑山田孝之、伊勢谷友介、三池崇史監督が登壇した。

主演の山崎は「1年前に撮影させてもらったんですが、どうやって皆さんに届くのかとても気になっていました」と公開を迎えて安堵した表情で、「自分にとっても大きな作品ですし、本当に皆さんに支えられ、公開を迎えて本当にうれしく思っています。今年は『ジョジョ〜』も30周年ですし、この映画とともに盛り上がっていったらうれしいです」とあいさつ。公開を迎えたということで、今だから話せる撮影中の裏話について聞かれると、小松が本作で初めて共演した山崎について「現場で(山崎が)鳩を追いかけていました。私と神木さんは寒い中お湯に手を突っ込んで温めていたんですが、山崎さんは鳩を追いかけているんですよ。不思議な方だと思って、それが印象的すぎました」と不思議がると、山田が「毎日ステーキ食ってたからそろそろ鳥を食べたいって言ってましたよ」と会場の笑いを誘っていた。

また、本作の内容にちなみ、「どんなスタンド(能力)が欲しい?」という質問に、キャストが次々と回答していく中、伊勢谷が今年5月に現在の芸名に改名した新田真剣佑を名指しして「俺はずっとスタンドが見える。君の後ろに『はぁ〜』と言っているパパ(千葉真一)が」と笑わせながら、「君、急に名字つけたでしょ! 千葉じゃねえのかよ! ってずっと思っていたよ」とツッコミを入れる場面も。すると新田は「千葉でもいいんですけど、うちの社長につけてもらいました。新田という役をやらせてもらったので」と返していた。

シリーズ累計発行部数1億部を超える荒木飛呂彦氏原作の同名人気コミックのPart4(第4部)『ダイヤモンドは砕けない』を、鬼才・三池崇史監督が実写映画化した本作。杜王町を舞台に、"スタンド"と呼ばれる能力を持った高校生・東方仗助(山崎)が、連続殺人鬼・アンジェロ(山田)らと対峙して死闘を繰り広げる、というストーリーとなっている。