お笑い芸人のおばたのお兄さんが6日、北海道・札幌市内で開催中の「みんわらウィーク」で行われたお笑いステージ「SDGs-1グランプリ」に登場し、おなじみの俳優・小栗旬モノマネで会場を沸かせた。

横澤夏子、次長課長河本準一、パンサーらと共に登場したおばたは、小栗旬になりきり「『銀魂』の試写会?」と公開中の映画『銀魂』をネタにし、「F4ではない?」と『花より男子』で小栗が演じた花沢類ネタも混ぜて笑いを誘った。

また、芸歴を聞かれると「お笑いは5年ですけど、小学校6年生から芝居はやってます」と返答。河本が「旬はええねん! お前のせいで小栗旬の情報むちゃくちゃ入ってくるけど、おばたのお兄さんの情報が全然ない」とツッコんだ。

「SDGs-1グランプリ」は、2030年までにあらゆる人たちが解決すべき17の目標として国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)を盛り込んだネタを披露するお笑いステージ。おばたは「飢餓をなくすこと」「健康であること」「質の高い教育」の3つを混ぜ込んだネタに挑戦。すべて「まーきのっ」で締め、最後にはバク転を披露し、会場から笑いと拍手が起こった。

「みんわらウィーク」は、昨年北海道が制定した8月8日の「道民笑いの日」を盛り上げ、お笑いの輪を全道に広げるイベント。昨年に続き、2回目となる今年は、8月5日〜8日の4日間開催。メイン会場となる「サッポロファクトリー」を中心に、札幌市内各所でお笑いステージや音楽ライブ、スポーツイベント、映画上映など、さまざまな企画を展開する。