映画『ワンダーウーマン』(8月25日公開)の公式アンバサダーを務めるアイドルグループ・乃木坂46が8日、東京・新宿歌舞伎町ゴジラ・ロードで行われたジャパンプレミアに出席。来日したパティ・ジェンキンス監督とプロデューサーのチャールズ・ローブンを迎えた。

白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥、堀未央奈ら乃木坂46のメンバー17人は、同作のイメージソング「女は一人じゃ眠れない」で着用しているワンダーウーマンのコスチュームをイメージした衣装姿で登場。主人公ダイアナが暮らしたパラダイス島の海をイメージして敷かれたブルーカーペットを歩いた。

そして、監督、プロデューサーと共にステージに登壇。斎藤は「アクションシーンも迫力があって見応えがあったし、でも、どのシーンも美しくて、ガル・ガドットさんの美しさや、クスッとできるようなダイアナのおとぼけシーンもあって、いろんな要素が詰め込まれいる」と作品をアピールし、「女性が観ても男性が観ても楽しめると思う。老若男女いろんな方に観ていただきたい」と呼びかけた。

また、「美しくぶっ飛ばす!」という作品のキャッチコピーにちなんで、今ぶっ飛ばしたいものを聞かれると、白石は「今降っている雨をぶっ飛ばしたいです!」と力強くコメント。堀は「食べることが大好きで目覚めた瞬間から食欲に襲われるんですけど、この夏は食欲をぶっ飛ばしてワンダーウーマンのようにスリムでセクシーな体型になりたい」と話した。

西野は、監督とプロデューサーに向かって「イメージソングの振り付けに、"ワンダーウーマンポーズ"をたくさん使いました」と説明。するとその場で振り付けを披露することになり、全員で踊って見せると、監督は「すごいうれしいです!」と感激し、プロデューサーも「もう一度見たいし続きも見たい! 世界中をプロモーションでご一緒しませんか?」と大喜びだった。

ジャパンプレミアには、白石、西野、齋藤、堀に加え、与田祐希、大園桃子、生田絵梨花、秋元真夏、松村沙友里、高山一実、衛藤美彩、星野みなみ、桜井玲香、新内眞依、若月佑美、伊藤万里華、井上小百合の全17人が参加した。