ロックミュージシャンのジャガーさんが22日、千葉・海浜幕張駅前で行われたチバテレ(千葉テレビ)のイベント『スマイルfestivalちば2018〜華麗なるチバテレ夏祭り〜』のステージに登場した。

日本テレビ系『月曜から夜ふかし』でもおなじみで、チバテレ終身名誉応援団長のジャガーさんは、今回のイベントのために書き下ろしたという「華麗なるJAGUARカレー」を本邦初披露。しかし、新曲ということもあってか、歌詞をガッツリ見ながら歌い、間奏では物販している「JAGUARカレー」を「どうぞ皆さん買ってください」と宣伝するなど、ビジネスに余念がない。

また、今後は映画にも出演し、『シャノワールの復讐』『翔んで埼玉』はすでに撮影を終え、これから『BUGS【バグズ】』の撮影に入るそうで、「ジャガーは映画スターになります」と高らかに宣言。本業のミュージシャンとしては「新曲は、みうらじゅんさんと絡んだ曲を作るかもしれません」と曖昧に予告した。

ステージでは他にも、楽曲「浮気しちゃダメよ!」を披露し、最後はチバテレの特番で度々行っている「お悩み相談」も。チバテレ『高校野球ダイジェスト』のテーマ曲を歌う大野舞からの「どうしたらジャガーさんみたいにレジェンドな存在になれますか?」という悩みには「無理です」と一瞬で切り捨て、イベントPRキャラクターのAKB48・吉川七瀬からの「千葉県のおすすめスポットを教えてください」という問いには、「幕張メッセですね。あと千葉テレビもありますし、もう1個絶対忘れちゃいけないのは鋸山ですね。そこの洞窟にジャガーがいるというウワサがあります」と次々に挙げていった。

本番終了後、取材に応じたジャガーさんは「お客さん多くて良かったと思います。ただ暑いからね」と感想をコメント。熱中症対策は全くしていないそうだが、ステージの途中で飲んだ液体について問われると「ジャガー星から持ってきた飲み物でございます。味はないです」と答え、地球の水が飲めない体質のため、わざわざ持参してきたことを明かした。

同席した大野は、ステージで吉川とともに「ジャガーシスターズ」に志願。「勝手ながら今後もあとをついていきたいと思います」と意欲を示したが、ジャガーさんは「今回ご一緒しただけでございます。一切関係はございません」と、終始つれない様子だった。

この日の千葉市内は34℃を記録する猛暑で、ジャガーさんは、目元から黒い涙を流しながら取材に対応。その後、一見セグウェイのような手押し車「JAGUARウェイ」に乗り、颯爽と立ち去っていった。