千葉県浦安市の東京ディズニーリゾートで7日、スペシャルイベント「ディズニー・クリスマス」(11月8日〜12月25日)が報道陣向けに公開され、東京ディズニーシーでは、「イッツ・クリスマスタイム!」を公演。ミッキーをはじめとするディズニーの仲間たちが、クリスマスの名曲に乗せてダンスを披露した。

昨年に引き続き公演する同ショーは、クリスマスの音楽と本格的なライブパフォーマンスが魅力のハーバーショー。クリスマスの名曲にのせて、ミッキーをはじめとするディズニーの仲間たちや、シンガー、ダンサーが華麗に歌い踊る。

クリスマスの音楽が流れ、水上にツリーが登場し、パークは一気にクリスマスムードに。ダンサーとシンガー、さらに、洗練されたクリスマスをイメージしたオフホワイトのコスチュームに身を包んだミッキーとミニーが登場し、ラブラブなやりとりを見せる。

そして、ミッキーとミニーはペアダンスを披露し、続いてグーフィーとマックスが雪遊び。クラリスと女性シンガーは美しい歌声を披露し、チップとデールはメロメロに。プルートはダンサーと華麗なタップダンスで盛り上げ、ドナルドとデイジーはジングルベルに挑戦し、ラインダンスも披露する。

その後、ミッキーとミニーがプルートにクリスマスプレゼントを贈り、プルートは大喜び。サンタクロースがダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニ、ステラ・ルーと共に船に乗って現れるとクリスマスムードはさらに高まり、ステージ上ではミッキーやミニーがダンサーとともにラインダンスを楽しみ、フィナーレではクリスマスカラーのパイロ(演出用花火)もショーを彩る。

東京ディズニーシーでは、夜のハーバーショー「カラー・オブ・クリスマス」が今年フィナーレを迎える。また、テーマポートごとに趣の異なるクリスマスのデコレーションやイルミネーションが設置される。

一方、東京ディズニーランドでは、クリスマスを楽しむディズニーの仲間たちの物語がパレードになって綴られる「ディズニー・クリスマス・ストーリーズ」を公演するほか、一部のエンターテイメントプログラムにもクリスマスの要素が加わる。また、夜のワールドバザール内のメインストリートでは、高さ約15メートルの巨大なクリスマスツリーを中心とした、映像と音楽によるクリスマス期間限定の環境演出を実施する。