いまやフリーアナウンサー、タレントという肩書きに加え、女優としてもアグレッシブな活躍を見せている田中みな実。フリー転身後、ストイックに美を追求したプロフェッショナルな姿勢や、写真集『Sincerely yours...』が反響を呼び、女性の支持率が大幅アップ。彼女は今や、大きな追い風を受けている。

オンライン開催となったTGCこと「第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE」でMCを務めた田中に、イベントの感想や今後の展望について話を聞いた。

今回のTGCを振り返り、「新型コロナウイルスの影響で、前回に引き続き無観客でのオンライン開催となりました。前回と大きく違うのはステージや、せり出したランウェイがないという点。平坦なところをモデルさんがウォーキングするのはTGCでは異例。慣れない状況に戸惑われるモデルさんも少なくなかったようです」と語る田中。

無観客での開催となったが、「お客さんが入られている時は、お客さんに楽しんでもらいたいという一心でMCをしています。今回は配信ですので、画面の向こうで楽しんでくださっているであろうみなさんを思い浮かべながらNON STYLEさんと一緒に進行しています」と言いながらも、「近い将来、これまでのようにお客さんに入っていただき、みなさんの歓声を浴びながら、愛情のこもった応援グッズを目にしながらモデルさんが歩く、といういつものTGCが戻ってくることを願っています」と話した。

今回のTGCでは、元なでしこジャパンの丸山桂里奈と、元サッカー日本代表GKの本並健治氏の結婚式がサプライズで執り行われた。丸山は美しいウエディングドレス姿での登場となった。

田中は「ふだん、桂里奈ちゃんは突き抜けた面白さで周りを明るくするバラエティの申し子みたいなイメージですが、ウエディングドレスをまとって、凛としていると、ああ、お嫁にいくんだなと思って、ちょっと感慨深かったです」と優しい目で祝福した。

また、美肌の秘訣について、「疲れていても毎日、お化粧を落とすこと。毎年、秋冬にちょっと寒くなってきたなと感じたら、加湿器をつけるようにしています。寝室はしっかり60%以上の湿度を保つようにしています」と説明。美しいプロポーションについても「無理な運動はせず、週に2回、なんとなくジムには通っています」と、肩肘張らずに適度な運動を心がけていると明かした。

気になるのは、今後の女優業についての展望だ。歌姫・浜崎あゆみの誕生秘話を描いた連続ドラマ『M 愛すべき人がいて』では、アユへの執拗な嫌がらせをする謎めいた“眼帯美女”役が話題に。

先日、事務所を移籍したことが報道されたが、今後の目標については「すべてのお仕事に対して、求められたことに忠実に応えていきたい」と、これまでどおり、オファーのあった仕事に対して、真摯に向き合っていくことを誓った。

■田中みな実
1986年11月23日生まれ、埼玉県出身。TBSでアナウンサーとして活躍後、2014年にフリー転身。2019年に出した写真集『Sincerely yours...』が大きな話題に。連続ドラマ『モトカレマニア』(19)や『M 愛すべき人がいて』(20)などに出演し、女優としても活躍している。