俳優の横浜流星とサッカー元日本代表の内田篤人氏が、ジュエリーが似合う著名人に贈られる「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」に選出され14日、都内で行われた表彰式に出席した。

女優たちへ表彰が終わった後、男性部門の表彰に。司会者が「“女優の”横浜流星さんです」と間違えると、横浜は「女優の横浜流星です」とあいさつして笑いを誘った。男性部門に続き、特別賞の内田氏が登壇。内田氏も「女優の内田です」とボケて会場を和ませた。

表彰式後に行われた囲み取材で、内田氏は「そういう流れができていたので。いいパスもらったので決めなきゃなと思いました。ちょっと勇気いりましたけど、後ろで小池栄子さんが笑ってくださったので救われました」と振り返った。

同賞は、過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」、そして、「今後もさらにジュエリーを身につけてほしい人」を世代別、男性部門、特別賞のそれぞれに分けて表彰するもの。32回目となる今年は、10代部門は森七菜、20代部門は新木優子、30代部門は戸田恵梨香、40代部門は小池栄子、50代部門は斉藤由貴、60代以上部門は田中美佐子が受賞。男性部門は横浜流星、特別賞は内田篤人が選出された。

撮影:岸豊