嵐の二宮和也がイメージキャラクターを務める、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの“パズドラ”こと「パズル&ドラゴンズ」が、9周年を記念した新CM「パズドラ党/辻立ち」編を18日より全国で放送する。

駅前の一角で「私はこの国をもっと笑顔にしたい」と街頭演説をする“パズドラ党”の党首・二宮。皆がパズドラをプレイすれば日本は幸せになれるということを力強く訴える。そこへ通りかかったおばあちゃんから「頑張ってね、清宮(きよみや)さん」と名前を間違えられるが……というCM。

今回は総理大臣を目指すサクセスストーリー仕立てのシリーズ第1弾で、第2弾「パズドラ党/政見放送」編(20日放送開始予定)では、二宮がテレビの政見放送に挑戦する。プライベートでもパズドラ歴8年を誇る二宮だからこそ醸し出せる、本気のメッセージと熱量たっぷりの立ち居振る舞いに注目だ。

ネイビーのスーツに白シャツ&濃紺のネクタイ姿で颯爽と現場入りした二宮は「皆さん、おはようございます!」と元気よく挨拶。青地に大きな白文字で書かれた「二宮和也」のたすきに触れながら「まずは名前だけでも覚えて帰っていただいて」とフレッシュに呼びかけるが、スタッフから「二宮さんの名前を知らない人、いないと思います」とツッコミを受けていた。

二宮はパズドラ党の設立について「実は元々、パズドラ党を作りたいという考えがあったので、『あれ、なんか思ってたこと、誰かに言ったかな?』と思いました(笑)」と明かし、「ゆくゆくは、一大政党として幅をきかせていきますよ」とアピール。

パズドラ党への思い入れは強いのか、視聴者へのメッセージをお願いされた際も「パズドラ党の二宮和也です。日本をもっと笑顔にしたい! そのために必要なのは『パズドラ』だと信じております!」と、すっかりCMのキャラクターになりきって答えていた。