お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が10日、オリエンタルラジオ・藤森慎吾のYouTubeチャンネル『藤森慎吾のYouTubeチャンネル』に出演。「カジサックと藤森慎吾、気持ち悪いくらい相方が好きな2人!」と題した動画内で、藤森への“ある思い”を明かした。

西野亮廣が吉本興業を退所した一方、自身は残ることを決めた梶原。「初めて言うけど、一瞬チラついたの。吉本を抜けようかなって。やっぱりキングコングで暴れたいし」と打ち明けつつ、「でも落ち着いて冷静になって考えたときに、カジサックが生まれて成功した理由の一つとして、吉本の助けがあったから。やっぱりそこは恩を忘れちゃいけないってうことで、俺は吉本におった方がいい。お世話になったから、まだまだ恩返しができてないってことで残ったの」と、残留を決めたワケを語った。

そんなキングコングに先だって、昨年末にコンビで同事務所を退所したオリエンタルラジオだが、梶原は、「ぶっちゃけた話、藤森に申し訳ないなって思って……」と告白。自身が残留したことで、藤森も吉本興業に残れたんじゃないかという世間の声が気になったそうで、「吉本に残れないって思ったんじゃないかな? あっちゃんが行くんだったら俺も行くよ! って、半分勢いでやっちゃったんじゃないかな? って思ったの。だからこそ、俺は藤森に申し訳ないことしたなって思ったの」と心境を吐露した。

すると藤森は、「それぞれの形があるし、それぞれ選択する道があるじゃないですか」「素晴らしい形だなって思いました。カジさんは絶対に吉本にいるだろうと思ったし、一緒に辞める必要もないし」と、梶原の決断を擁護。続けて、「僕は逆に、藤森はコンビで辞めて相方思いだなっていう見方もあったんです。だから、カジさんが残るってなったときに、西野だけ辞めて自分は残るんかい! みたいな声が出たりしたら申し訳ないなって。お互いにそういう思いがあった」と、同じように心配していた様子。

梶原は、「実際にそういうコメントあったから、ちゃんと謝ってくれる? お前は裏切り者だ! オリラジを見習え! って、リプでめっちゃ来てる」と笑いながらぶっちゃけつつ、「藤森からそれを直接聞けたのはうれしい。俺、ちょっと気にしててん。カジさんホンマに残るんかい!? みたいな。だったら、俺もそうしたら良かったよって、もし思ってたら申し訳ないなっていうのがあったのよ」と、心底ほっとした様子で話していた。