Spotifyが9日、5人組ロックバンド・東京事変の最新アルバム『音楽』の「Liner Voice+(ライナー・ボイス・プラス)」を公開した。

「Liner Voice+」は、音声ライナーノーツとアルバム収録曲を組み合わせたSpotify限定のプレイリストシリーズ。今回は『音楽』収録の全13曲について、同バンドのボーカルを務める椎名林檎が、インタビュアーの内田正樹氏との対談形式で解説する。

アルバム収録の楽曲「孔雀」を「どうしても1曲目に持ってきたかったんです」と話す椎名。その理由として「ニュートラルな5人のノリの感じが一番顕著に出てる気がして。無理のない5人の好きなくつろぎかたと言うか。それを最初に持ってきて、『音楽』始まるよっていう風に伝えたかったんですかね」と説明するなど、アルバム制作の裏側が明かされている。