●喫煙者や糖尿病患者は歯周病になりやすい
「歯周病」という病名は多くの人が知っていても、その具体的な症状や原因までも認知している人となると、一気に数が減るのではないだろうか。この歯周病は35歳以上から発症リスクが高まり、最悪の場合は歯を失ってしまうこともある。発症する可能性は誰にでもあるため、予防策や治療法をきちんと理解しておこう。
○歯茎が炎症を起こした状態が歯周病

ブラッシング不足などによって歯と歯茎の隙間に菌が蓄積され、歯茎が炎症を起こした状態が歯周病と呼ばれる。歯茎が腫れると「ポケット」と呼ばれる隙間が生じ、そこにさらに菌がたまって炎症が悪化すると、歯茎から出血したり膿が出たりするようになる。自覚できる歯周病の具体的な症状は以下の通り。

●歯茎から血や膿が出る

●口臭がある

●口内がネバネバする

歯茎のすぐ下には骨がある。増加した菌によって骨が溶けてしまうと、歯が移動して歯並びが悪くなったり、歯がぐらついたりするケースも起こりうる。最終的には歯が抜け落ちて、大切な歯を失ってしまう可能性もあるという厄介な病気なのだ。
○35歳以上になると発症リスクが急増

歯周病の原因菌を繁殖させる「最大の要因」とも言われているのが喫煙だ。私たちの歯と歯茎の隙間からは白血球が染み出しており、この白血球が菌への感染を防いでくれる役割を果たしている。だが、喫煙によって白血球の力が弱まると歯周病の原因菌へ非常に感染しやすい状態になってしまう。

一日20本以上のたばこを10年以上継続して喫煙している人は、歯周病の発症リスクが非喫煙者の約5倍になるとするデータもあるという。また、喫煙によって発生する有害物質が歯茎に直接的なダメージまで与えてしまうほか、喫煙によってがんの発生リスクが高まる恐れもある。

喫煙と並び、生活習慣病の一種である糖尿病も歯周病の大きな要因となる。糖尿病の人は血糖値の増加により菌に感染しやすい状態であることや、血管がもろくなっていることなどが歯周病が発症しやすい理由だと考えられている。体が炎症を起こしやすい状態にもなっているため、少しの菌でも過敏に反応してしまうようだ。

年齢も歯周病発病に関わってくる。虫歯で歯を失う確率は各年代でほとんど変化がないのに対して、歯周病の発症率は年齢を重ねるごとに増加する。特に35歳以降で急激に高まり、40歳以上になると歯周病によって歯を失う可能性も大きく上昇するというデータもあるとのこと。

この結果は加齢に伴う免疫力の低下が原因と考えられているが、口内に菌が存在しても免疫力が高ければその菌を撃退できる。歯周病の発症を防ぐためには「免疫力」が重要になると言えよう。

●歯周病の予防は適切なブラッシングと定期検診で
○歯周病になったら医療機関で適切な治療を

歯周病の予防策の一つに適切なブラッシングがある。ただし、自分では磨ききれない箇所もあるため、もう一つの予防策として定期的な歯科検診でのクリーニングもお勧めだ。

ブラッシングの際には歯と歯茎の境目を意識して、歯ブラシを歯に直角に当てながら、磨き残しがないように順番を決めてブラッシングしよう。「歯ブラシ」「フロス」「洗口剤」という3つのステップで口内を清潔に保つのが、最も効果的な予防法となる。

道具選びにもこだわりたい。歯ブラシはいろいろな箇所へきちんと毛先が届くよう、少し小さめのものをセレクトするのがベター。自分の下の前歯4本分くらいの長さの歯ブラシを選ぶといいだろう。電動歯ブラシもお勧めで、歯科医院で自分に合ったブラッシング指導を受ければさらに安心だ。歯茎の中をどんなにきれいにしても、毎日のブラッシングが十分でないとすぐに汚れが蓄積してしまう。医師による指導を受けて、適切なブラッシング方法を毎日実践しよう。

一度歯周病になってしまったら、ポケットの奥深くまで侵入した菌をセルフブラッシングで取り除くのは難しい。歯周病の治療は悪い個所をきちんと調べ、治療個所を明確にすることが非常に大切。そのため、早い段階で医療機関を受診して治療を受けるようにしたい。

医療機関では、プローブという機器を歯と歯茎の隙間に差し込みながら、ポケットの深さをチェック。次にスケーターと呼ばれる機器を使い歯茎の中を掃除する。場合によっては部分麻酔を使った外科手術によって、歯茎を切開して汚れを除去することもある。
○メンテナンスで再発を防止することが大切

歯周病は再発しやすいので、医師の判断に従って定期的にメンテナンスに通う必要がある。治療自体は3カ月程度で終了するが、検査結果が悪ければ治療は長引くため、治療期間は数カ月〜数年とケースバイケースとなる。

歯茎再生手術などの特殊な治療を行う場合は自費診療になるが、歯茎だけの治療は保険診療内ですむケースが多いようだ。歯周病治療が保険診療かどうかは医療機関によって異なるため、事前に確認しておくのもいいだろう。

大切な歯を守るためにも歯周病はしっかりと予防し、万一発症したらきちんと治療を受けるのがベスト。まずは予防のため、日々の丁寧なブラッシングを心がけるようにしたい。

からだエイジング