マウスコンピューターは6月20日、AMDのハイエンドCPU「AMD Ryzen 7 1700X」を搭載したデスクトップPC「LM-AG350XN1-SH5」を発売した。BTOに対応し、税別価格は169,800円から。ディスプレイはオプションだが、BTOメニューからPC本体と一緒に購入することも可能だ。

AMD Ryzen 7 1700Xは、8コア16スレッドのCPUで、画像や動画の編集、エンコード処理などを高速にこなせる。動作クロックは3.4GHz、最大3.8GHzだ。

CPU以外の主な仕様(標準構成時)は、チップセットがAMD B350、メモリがPC4-19200 32GB(8GB×4、最大64GB)、ストレージが480GB SATA SSD+2TB SATA HDD、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1060 3GB、OSがWindows 10 Home 64bit版。光学ドライブは標準では搭載していない。

インタフェース類は、Gigabit Ethernet対応有線LAN、PS/2×2、USB 2.0×2、USB 3.0×4、USB 3.1×2、DVI-D、DisplayPort×3、ヘッドホン出力、マイク入力、ラインイン/ラインアウトなど。本体サイズはW170×D403×H360mm、日本語キーボードと光学式スクロールマウスが付属する(どちらもUSB接続)。